« 北海道へ (6月14日) | トップページ | 利尻島 (6月16日) »

2014年7月20日 (日)

利尻島へ (6月15日)

前日、ほとんど寝ていなかったので、この日は朝食時刻までゆっくりしてしまった。
利尻へのフェリーは朝一番の船が予約できなかったので、10時50分発のフェリーになった。
ちょっと時間があるので、まずは納沙布岬に行く。
平坦であまりたいしたことはない岬だった。(そういえば学生時代に行った宗谷岬も似たような感じだった記憶が)
その後、稚内公園に移動したが、ここは結構眺めがよかった。(学生時代にはこの公園の中にテントを張って寝た記憶が・)
これは稚内公園から見たフェリーターミナル。

20140615wakkanaikou01

稚内公園も結構鳥の声はしていたが、林の中が多くちょっと見えない。
しかしエゾシカは数等が群れていて、のんびり草を食べていた。

20140615ezoshika01


フェリーに乗ると、ちょうど日本~コートジボワールの試合をやっていたが、乗り込んだときにはちょうど前半戦最後で1-0でリードしていたがかなり攻め込まれていてやばそうだった。
フェリーが出航すると電波状態が悪くなり、見えなくなったので甲板に出て野鳥ウォッチング。
見かける鳥はカモメが多いが、ウトウも結構いた。
しかし遠くて飛んでいるので画像はいまいち。

20140615utou01

寒くなってきたので船室に戻ると、電波の状態が良くなりサッカーを見ることが出来たが、すでに2点入れられて逆転された後。
日本はかなり疲れているようで、ほとんど反撃も出来ないまま終わってしまった。

利尻島の鴛泊港に着いて、船着場の食堂に入り食事を取る。
最初は安い定食でもしようと思ったが、隣でウニ丼を食べているのを見て、注文してしまった。
高かった(3500円)がおいしかった。

その後は定番の姫沼へ。
途中の展望台からは鴛泊港が良く見えた。

20140615oshidomarikou01

姫沼は最初は観光バスもおらず静かで良い雰囲気だったが、礼文島からのフェリー到着後どっと観光客が押し寄せた。(写真はまだ静かな姫沼)


20140615himenuma01

おかげで、久しぶりのシマエナガが飛んでいってしまい、プッチがむくれた。

姫沼を後にして、オタドマリ沼に行ったがこちらも観光客が多数。
さらに南の南原湿原に移動した。
こちらは駐車場が無いので、港の奥に車を止めた。
すると近くで鳥の声がするので、まずはそちらに行く。
まず見えたのはノゴマ。

20140615nogoma01

あまり警戒心は強くなさそうで、少し近づけさせてもらう。

20140615nogoma02

別の場所ではベニマシコの声がした。
ちょっと遠かったが撮影。

20140615benimashiko01

北海道ではベニマシコは夏鳥なんだ。

さらにコヨシキリも囀ってくれた。コヨシキリは初見。

20140615koyoshikiri01

コヨシキリもさらに近づいて撮影したが、手前の枝がちょっと邪魔。

20140615koyoshikiri02

でも圧倒的に多いのはノゴマ。
ノゴマ見放題という感じ。

20140615nogoma03

一応南原湿原も見ようということになり、そちらに移動。
少し雲が上がりそうだったが、南原湿原から見た利尻富士は裾野が少し見えた程度だった。

20140615minamiharashitugen01

遊歩道を一周した後、車に戻ろうとすると、イソヒヨドリがいた。

20140615isohiyodori01

肩にかけて白いので、別の種類かと思ったがどう見てもイソヒヨドリだった。

20140615isohiyodori02

その後、再びノゴマたちを見た場所に戻ると、まだノゴマはいてくれた。
さらに近づくことも出来た。

20140615nogoma04

遠くにはノビタキも出てくれた。
これも近づいても逃げないでいてくれたのでラッキー。

20140615bnobitaki01

この南浜であまりにとりがたくさん出てくれるので、遅くなってしまい、宿に着いたのは6時過ぎだった。
宿は和風ペンションを名乗る民宿で、夕食は海の幸づくし、ウニもたっぷり出ておいしかった。

|

« 北海道へ (6月14日) | トップページ | 利尻島 (6月16日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利尻島へ (6月15日):

« 北海道へ (6月14日) | トップページ | 利尻島 (6月16日) »